2030年04月12日

ソフトボール 変化球の投げ方・練習法

ソフトボール 変化球の投げ方・練習法について

ソフトボールの変化球ピッチング練習について上達する投げ方を紹介します。
ソフトボールのピッチングでは、ウィンドミル投法が、有名ですし、
多くのソフトボールのピッチャーがこの投げ方をしています。

では。どうやったら、変化球やピッチングが上達するのでしょうか。
北京オリンピックで、金メダルを取った上野由岐子選手は、
どのような練習をして上達したのでしょうか?
上野由岐子選手のピッチング練習の内容を見てみましょう。

>>浜畑流ウィンドミル変化球の上達術はこちら

1日のピッチング練習内容は、まず体のアップそれからキャッチボール。
ピッチングという流れでトレーニングをしています。
1日約70〜100球くらいの投げ込みをしています。

変化球はどれくらいなんでるのかというと、
その日のトレーニングにより違うそうです。
球種の配分もその日の感覚によって違うらしい。
ソフトボールのピッチングを強化するため、
練習はシーズンオフ の投げ込みはシーズン中とは違うとのこと。

例えば上野由岐子選手は、シーズンオフはストレート中心の練習メニュー。
この間ソフトボールのピッチングの練習の目的は、
肩を作るのが目的だから。

シーズンオフは変化球を練習するのではなく、
ストレートを中心とした練習をしているということです。
ピッチングをやる上で、ソフトボールの一番の中心はストレートなので、
シーズンこそには体に覚えさせるような練習をしているということです。
オリジナルのメニューは、例えば、足ももを大きくしたい時は走りこみや、
またばウエイトレーニングで下半身を強化するということ。

コンクリートの上ではなく、通常は、土の上や芝生の上で走るのが良いということです。
グランド以外で行っている練習というのは、
やはりストレッチ系のトレーニングや金や中部というの練習。
では。上野由岐子さんが好きな打者というのは一体どんなバッターでしょうか。
上野由岐子選手が好きなのは、思いっきり勝負する打者が好きだそうです。
三振かホームランか本気の勝負ができるということで、
その駆け引きが非常にに楽しい。


三振をとったときは非常に気持ちがいいということです。
逆に、好きではないタイプは、細かいことをしてこだわる打者。
大きく球数が増えるようなことをする方ですね。
1イニングで10件内容を目指しているので、
このような他者に対してのピッチングは非常に気を使うそうです。

頭と力を十分に使ってベストなピッチングをしたい。
そのように思っているということで、さすが上野由岐子選手は、
オリンピックで金メダルを取っただけのピッチャー。
コントロールもいいし、ストレートも素晴らしい。

変化球の切れも非常に良いボールの握りやサイドを攻めるそのピッチングが多くの人の心を打つ。
ウィンドミル投法は、やはり上野由岐子選手のような素晴らしいピッチャーだけではなく、
ソフトボールのピッチングの初心者の方にも投げられるような教材が最近出ていますので、
エースになりたい方は、ぜひ練習してみてください。

ウィンドミル見る投法が素晴らしいし、ピッチングを約束してくれます。

⇒誰でも上達するウィンドミル投法

posted by softballpitching1 at 11:48| 変化球ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大手ショッピングモールで商品検索ができます





  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。